水素水 ボトル

水素たっぷりのおいしい水

水素水はボトルによって濃度の差があります

水素水 ボトル

ダイエット、美容、健康に良いというで人気の水素水。

 

その働きは、活性酸素を排除したり、脂肪燃焼を助けたりと大活躍の水素水ですが、ひとつだけ欠点があります。

 

「それはボトルに入った水素水の水素は徐々に抜けて行く」

 

と言う事です。

 

驚異の7.0PPM!水素量で選ぶなら「aquela」

 

もちろん、抜けてしまったらただの水です。

 

なので水素が抜けないボトルを使用しないと意味がありません。

 

 

 

水素水をボトルに閉じ込めておく事は不可能?

 

宇宙一小さい成分は、長い時間が経つにつれて必ず容器の隙間から外へ逃げ出してしまいます。

 

市販の製品も表示されている濃度より減ってしまっていると考えた方が良いですね。

 

雑誌会社が行った実験では、比較的水素が抜けにくいとされるアルミ缶、アルミパウチでも濃度は0.1〜1.2ppm、ペットボトルタイプにいたっては濃度は0ppm

 

 

なんとペットボトルは・・・「0」。

 

 

そんな中、プロ仕様の水素水「水素水7.0ppm」という商品は、名前の通り超高濃度7.0ppmを作りだしてくれるそうです。

 

 

5〜70倍の驚異的数値です!?驚きですねー。

 

 

この「水素水7.0ppm」が、なぜこんなに超高濃度な水素水が出来るかと言うと、購入時に付属しているボトル「耐圧ペットボトル」に秘密があるのです。

 

通常、1気圧当たりの水素の限界値は1.6ppm。

 

それをはるかにはるかに上回る7.0ppmを可能にしています。

 

秘密は特製の耐圧ペットボトルにあるようです。

 

 

水素量で選ぶなら aquela-アキュエラ-

 

作りたては5.0ppmの濃度ですが、24時間後には7.0ppmになります。

 

この濃度は群を抜いてるようで「5秒に1本売れている」商品なんだそうです。

 

やはり水素水のカギは「ボトル」でした。

 

この「水素水7.0ppm」の良いところは、誰でも簡単に水素濃度を測定できる試薬をセットで送付してくれるそうです!

 

試薬を垂らすだけで、水素が入っているかどうかを自宅で気軽にチェックできる。。。

 

これは親切です。

 

それがないと本当に水素が入ってるかわかりません。

 

 

これは好みにもよりますが、水だけでなくお茶・オレンジジュース、アイスコーヒー、青汁、スポーツドリンクなど好きな飲み物で水素水を作る事が出来ようです。

 

気分に合わせた楽しみ方が出来ますね。